Loading...

記事一覧

水虫は気づかないうちに発症していることが多い皮膚病です。
日本では四人に一人が水虫になっていると言われています。
水虫の原因菌はカビなので、湿気が多く汗をかきやすい梅雨の時期から夏にかけて感染する可能性が高いと思われがちですが、冬でも暖房の効いた部屋で過ごす場合、油断はできなくなっています。
特に自覚症状がないまま病状が進行し、気が付いた時には、広範囲に広がっていたということも珍しくありません。
また水虫は男性がかかるというイメージはありますが、女性でも、長時間ブーツなどを履いたりすることで水虫菌が繁殖しやすくなります。

水虫の原因はカビである

水虫の原因になる菌は白癬菌というカビの一種です。
この白癬菌が様々な原因で皮膚に感染し繁殖することで水虫の症状が出てきます。
白癬菌は皮膚の一番外側の角質の部分に、食品や浴槽にカビが生えるのと同じように、皮膚に生えてしまう状態になります。

角質に生えてしまった白癬菌は、菌の性質で、角質に含まれるケラチンというタンパク質を栄養源にし、様々な成分を代謝することになりますが、その成分がアレルギー反応を起こし、かゆみなどの症状が出てきます。
感染した場合の他の症状としてかかとがカサカサになり粉をふいたり、皮膚がめくれたり、小さな水ぶくれができたりします。
多くは足の裏や指の付け根などに感染しますが治療せずに放置すると完治まで長い期間が必要になります。
また一度感染すると完全に治るには時間がかかります。

上記の通り白癬菌はカビの一種。つまりカビの菌なので私たち人の体には本来、存在しない菌です。
水虫は何らかの原因で皮膚に感染するという、感染症の分類にあたります。そのため水虫にならないためには外からの感染に対する注意が重要です。

白癬菌はカビの菌なので、高温多湿な環境が大好きです。
公衆浴場長時間靴を履いたままでいる場合や、公衆浴場などは繁殖しやすいので注意が必要です。
さらに女性の場合はストッキングを履いている場合、ストッキングは吸水性が少ないので足が蒸れやすくなるので注意が必要です。
夏などでサンダルなど裸足で履いた場合は、通気性が良くても足が汗をかきやすいために常に濡れている状態になります。
この時も繁殖しやすいので注意が必要でしょう。

水虫になった場合の治し方は、初期の段階や軽症の場合は気づかないことが多いですが、少しでもかゆみがあったり、皮膚がめくれたり、かかとがかさついた場合はできるだけ早い段階で、治療を考える方が賢明です。
治し方は、できるだけ早い段階で抗真菌薬を塗布すれば白癬菌を完全に死滅させる可能性は高くなります。
もしそれでも症状が治らない場合は皮膚科を受診する事が重要です。
放置してひどくなった場合は治療期間に1年以上かかる場合もあります。

また完治しても再発率が高いのも特徴です。
塗り薬で完治しない場合は内服薬を服用しなければいけない場合があります。
その場合は他の薬との相互作用を見なければいけないので、定期的な血液検査も必要になってきます。

水虫が発生しやすい環境

水虫の原因となる白癬菌は、カビの一種ですので特に高温多湿の場所には多く繁殖しています。
そのため家の中では浴室や、梅雨の時期のフローリングの床などに繁殖しています。
そのため家族のどなたかが、水虫の場合フローリングに付着した白癬菌がそこを歩く他の家族に感染してしまうことがあります。

特に自覚症状がない場合も多いので、気が付くと家族全員が水虫に感染してしまった、ということも珍しくありません。
浴槽の床なども十分注意しなければ一度白癬菌が付着すると湿気が多いためあっという間に繁殖しやすくなります。
換気扇などをつけてできるだけ高温多湿にならないようにすることが重要です。
また夏場だけではなく冬も暖房などが効いている部屋は関係なく白癬菌は活動しますので注意が必要です。
特に繁殖しやすい場所としてこたつの中などがあります。

外に出ている場合は公衆浴場やスポーツジムのシャワー室などにも注意しなければいけません。
不特定多数の人が利用していて、高温多湿な公衆浴場は特に気を使わなければいけない場所です。
常に白癬菌にとっては良い環境ですので、繁殖は防ぎようありません。
そのためできるだけ靴下を履くなどの防衛策を取りましょう。
またスポーツジムなどはシャワー室も気をつけなければなりませんが、着替えの時など素足になるときは特に注意しましょう。

仕事など普段の生活では靴下を変えずにいると白癬菌は繁殖しやすくなります。
一日中外回りなどの営業の方は特に、革靴などは通気性がよくない場合が多いので水虫が発生しやすい環境と言えるでしょう。
長時間靴を履きっぱなしの場合は、替えの靴下を持参し汗をかいてきたら取り替えるというのも、水虫にかからないための重要なことです。
女性の方もストッキングは吸水性がないためブーツなどを履いていると蒸れやすくなります。
その状態で長時間いると白癬菌が繁殖しやすくなりますので特に冬などブーツを履くときは注意しましょう。

このように高温多湿の場所には水虫が発生しやすいので常に気を使い注意することが必要です。
家族の中に水虫の人がいる場合は、できるだけ早く治療し他の家族にうつさないようにすることが重要です。
また自覚症状がない場合もあるので、できるだけ気を使いチェックするようにするのも大切です。

水虫はどこで何故感染するのか

水虫は自覚症状が出ない場合も多いため、気がついたら感染していて症状が出てしまったということも少なくありません。
また家族の誰かが感染していて、床や浴室などで他の家族に感染してしまうということもあります。

不特定多数の人が素足で歩くような場所は感染源になる可能性がとても高いです。
しかし、水虫の原因となる白癬菌は目で見えるわけではないので特定するのはとても困難といえます。
スポーツジム仮に公衆浴場やサウナやスポーツジムなどで足の裏に付着した場合に角質層に白癬菌が入り込む条件として24時間以上かかるとされています。
通常は一度付着しても角質層に入り込む前に落ちてしまったり、その後、お風呂やシャワーで洗い流されてしまうのでほとんどの場合は水虫に感染しません。

ただ、足の裏に白癬菌が付着したまま、24時間経過すると白癬菌が菌糸を伸ばして角質層に入り込んでしまいます。
このような状態になると水虫に感染します。
逆を言うと感染しやすい環境下で足の裏に白癬菌が付着してしまっても、一日一回足を綺麗に洗い、水分をふきとれば水虫になる可能性は、限りなく少なくなります。

自宅で水虫になる可能性は毎日お風呂やシャワーを浴びて足を洗っていれば低いですが、軽石やアカスリなどで足をこすってしまい傷がつくと、短時間で感染する可能性があるので注意しなければなりません。

また白癬菌が活発になる条件として、温度よりも湿度が重要です。
湿度が85%以下の場合は一週間経過しても角質層に入り込むことは少ないですし、乾燥状態になると極端に動きが悪くなりますが、湿度が100%になると活発になり、一日で角質層に菌糸を伸ばし侵入できると言われています。
足の指の間は素足の場合、湿度は80%程度ですが、靴を履いている時間が長時間になると、100%近くまで上昇することが分かっています。
感染源として靴の中は白癬菌が増殖するにはとても良い環境ですのでもっとも注意が必要です。

これらを考えると、水虫の感染を防ぐには、毎日足を洗い清潔にする、湿度が100%にならないように一日靴を履きっぱなしの場合は、靴を脱いで通気を良くしたり靴下を履き替えたりということが重要になってきます。
そして万が一水虫になってしまった場合は出来るだけ早く治療する事が自分の為にも家族の為にも大切な事です。